電報をより素敵に

心のこもった電報という言葉には、ちょっと矛盾があります。なぜなら電報は短文で用件を伝えるものだからです。もともと電話のなかった時代に、急ぎの連絡としてつくられたシステムなので、必要なことを少しでも短文で伝える必要がありました。そのため電報というと、「チチビョウキスグカエレ」など緊急の連絡に使われていたのです。それが今の時代にも、ある意味礼儀の1つとして使われています。

今の時代メールも電話もあるため、どのような伝え方をしてもいいはず。でも知っている方が亡くなったら、やっぱり電報を入れる人が多いはずです。嬉しいときのお祝いでも、電報を送ることで相手からとても喜ばれます。日本人は、本来もう必要ない電報をとても良い習慣として、利用しているとも言えるのではないでしょうか。だからこそ電報にお花が一緒に贈られてきたら、どんなに嬉しいことでしょう。悲しいときは相手の気持ちに寄り添い、嬉しいときは一緒に喜ぶという気持ち。そんな気持ちを伝えることができるのがフラワー電報なのではないでしょうか。

TOPIC>>>ボックスフラワー電報で大切な人へ想いを届けます|レペトワール

お花にはそれだけ素晴らしい力があるはず。悲しいときでもお花を見ているだけで心が癒されます。また好きな人から1本のお花をもらっただけで、とても嬉しくなるはず。お花にはそんな心を届ける不思議な力があるのではないでしょうか。フラワー電報は、電報という気持ちを伝える日本の素敵な習慣を、より素敵にしてくれるのです。そして人間関係をより素晴らしいものにしてくれるのではないでしょうか。